インフォメーション

新型アクア登場

ネッツトヨタ香川より、新型アクアが発売となりました。
新型アクアは、これまでのアクアが担ってきた役割を発展させ、「さらに次の10年を見据えたコンパクトカー」として、お客様に毎日楽しく、安全・安心で快適にお乗りいただくことができる充実した装備と、より高度な環境性能を追求しました。35.8km/L(BグレードのWLTCモード燃費。国土交通省審査値)の低燃費といった優れた環境性能はもちろんのこと、心地よい加速がもたらす上質な走りを実現。また、AC100V・1500Wのアクセサリーコンセントや停電していてもクルマから電気が取り出せる非常時給電モードを全車標準装備とするなど、アクアだからこそ、こだわりを持った装備も充実させています。

1、電動車らしい軽快で上質な走りと、高い環境性能の両立

➀革新的な電池技術
 高出力な「バイポーラ型ニッケル水素電池」を駆動用車載電池として世界初採用。従来型アクアのニッケル水素電池に比べ、バッテリー出力が約2倍に向上したほか、アクセル操作への応答性が向上し、低速からリニアでスムースな加速が可能になりました。また電気だけのでの走行可能速度域を拡大したことで街中の多くのシーンでエンジンを使わず電気だけで走行できます。

②HEVならではの新しい走行体験
 「快感ペダル(Bグレードを除く全車に採用)」をトヨタ初採用。走行モードから「POWER+モード(Bグレードを除く全車に採用」を選択すると、アクセルペダルを緩めるだけで回生によって減速度を増大させ、ドライバーの負担を軽減しつつ意のままの走りを実現しました。

2、最先端の安全・安心機能を装備
①最新の予防安全パッケージ
 日常生活で使われる頻度が高いクルマだからこそ、安全・安心機能は充実させるべきだと考えました。
新型アクアには最新のToyota Safety Senseを標準装備しています。交差点での右左折時の事故に対応範囲を拡大したプリクラッシュセーフティ、お出かけを快適にする全車速追従型レーダークルーズコントロール、同一車線内の中央を走行するよう操舵支援するレーントレーシングアシスト、ペダルの踏み間違い時の急加速を抑制するプラスサポートなど、最新の予防安全機能を搭載しています。
 さらにハンドル操作、ブレーキ、アクセル、シフトチェンジなど、駐車時における全操作を車両が支援するトヨタチームメイトアドバンストパーク、従来の前後進行方向に加え新たに側方の静止物を検知対象とし、警報とブレーキ制御で接触回避を支援するパーキングサポートブレーキといった、トヨタコンパクト車初の技術を採用し、運転時・駐車時など幅広いシーンでドライバーを支援します。

②災害時等万が一の際に役立つ給電機能を全車に搭載
 アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)と非常時給電モードを全車に標準装備しました。
停電など非常時には車両駐車時に「非常時給電モード」にすると、電気ポットやドライヤーなどの家電製品が使用可能な非常用電源として活用いただけます。もちろん、普段の走行時にはアクセサリーコンセントからだけでなく車内のUSB端子を通じてスマートフォンなど電子機器を充電する事が可能です。

3、上質感を醸成するボディ構成と先進性を創造するデザイン
①コンパクトカーならではの高い利便性と、高いボディ剛性が生み出す上質感のある走り
 コンパクトなボディはそのままに、TNGA(GA-B)プラットフォームを採用することで、高いボディ剛性と静粛性に加え安定感のある走りを実現しています。加えて、日本の道路環境にぴったりなコンパクトなボディサイズはそのままにホイールベースを従来型に対し50mm延長することで、特にリヤシートの居住空間や荷室空間を拡大し、利便性を向上しました。
②「Harmo-tech」(知性・感性を刺激する、人に寄り添う先進)をコンセプトにした上質・シンプル・クラスレスなデザイン
 前後に伸びやかなモノフォルムシルエットのキャビンと、左右に張り出したリヤフェンダーの組み合わせで、アクアらしいスマートでエモーショナルかつ動感のあるエクステリアとしました。ボディカラーは、スマートな造形に似合うシンプルかつクリーンな質感の新規開発「クリアベージュメタリック」をはじめ、上質感のある全9色を設定しています。

新型アクアについては

ネッツトヨタ香川各店までお問合せください。