インフォメーション

新型車カローラクロスDEBUT!!

ネッツトヨタ香川より、新型車カローラクロスが9月14日に発売となりました。

新型車「カローラクロス」は、歴代カローラが培ってきた「プラスα」の思想と「お客様に寄り添い、進化し続ける」という使命を受け継ぎ、これからのカローラに求められる新しい姿を追求した結果、シリーズ初のSUVとして誕生しました。「新空間・新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに、SUVならではの広い室内空間や高いユーティリティに加え、力強い走りと低燃費を両立しています。

<SUVならではの高いユーティリティ>
①背の高いボディスタイルを存分に生かした快適性
 見晴らしのいい視界の高さを確保するとともに、頭上空間にもゆとりを設けることで、どの席に座っても、街乗りからロングドライブまであらゆるシーンで快適にお過ごしいただける室内空間を実現。リクライニング機能をリヤシートにも設け、高い居住性・快適性を備えています。また、パノラマルーフ(※1)を設定し、大きなガラス面でどの席からも空が眺められる解放的な視界が広がります。

②多彩な荷室アレンジを実現し使い勝手の良いラゲージ
 ラゲージ容量は、5人乗車時でもクラストップレベル(※2)の487Lを実現。荷物の積み下ろしのしやすさにもこだわり、ラゲージ開口部は地面から720mmの高さに設定したことで小柄な方でもラクに荷物の積み下ろしができるほか、ハンズフリーパワーバックドア(※3)はカギを携帯した状態でリヤバンパーの下に足を出し入れするだけで、両手がふさがっていても簡単にバックドアを開閉することが可能です。

<都会的な上質感と、SUVならではの躍動感を両立したデザイン>
①堂々とした逞しさを表現したエクステリア
 「アーバン・アクティブ」をデザインコンセプトとして、SUVらしいダイナミックで洗練されたエクステリアデザインを採用。外板色には都会的で洗練された雰囲気を持つ全8色を設定しています。

②上質で開放的なインテリア
 インストルメントパネルからドアトリムにかけて連続性のあるデザインで室内空間に広がりが感じられるほか、室内照明は全てLEDを採用するなど、カジュアルな雰囲気の中に、上質かつ洗練された質感のインテリアを実現しました。

<クラストップレベルの低燃費と、アクティブでスムーズな走り>
①気持ちの良い、意のままの走りを実現するパワートレーン
 ハイブリッド車ではクラストップレベルの26.2km/L(※4)を達成したほか、E-Fourを設定し、加速時や、雪道など滑りやすい路面での安心した走行を実現しつつ、低燃費にも貢献します。

②優れた操縦安定性をもたらす高剛性ボディとしなやかで快適な乗り心地を実現する足回り
 熟成を重ねたGA-Cプラットフォームと、軽量でありながら高い剛性を持つボディ骨格を採用し、車高の高さを感じさせない、軽快で安定した操縦性を備えています。

<先進の安全・安心機能>
①最新の予防安全パッケージ
 日常のあらゆるシーンでドライバーを支援する最新のToyota Safety Senseを全車標準装備。また、パーキングサポートブレーキとバックガイドモニターをG"X"を除く全グレードに標準装備し、駐車場など狭い場所でも安心して運転いただけます。

②災害時など、万が一の時に役立つ給電機能
 アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)と非常時給電モードをハイブリッド車にオプション設定。停電など非常時には車両駐車時に「非常時給電モード」にすると、電気ポットやドライヤーなどの家電製品が使用可能な非常用電源として活用することができ、もしもの時に頼れる安心機能を備えています。

カローラクロスの詳細はネッツトヨタ香川へお気軽にお問い合わせください。

 

 

※1 ハイブリッド車・ガソリン車ともZ・Sグレードにオプション。
※2 コンパクトサイズSUVでの比較。2021年9月現在。
※3 ハイブリッド車・ガソリン車ともZグレードに標準装備。Sグレードにオプション。
※4 コンパクトサイズSUVでの比較。26.2km/LはZ(ハイブリッド車・2WD)のWLTCモード燃費。