インフォメーション

TOYOTA、プリウスをマイナーチェンジ-スタイルを一新するとともに、コネクティッドカーへと進化-

プリウスをマイナーチェンジし、12月17日に発売しました。



今回のマイナーチェンジでは、プリウスの特徴である先進的なイメージを継承しつつ、親しみやすく、より知的で洗練された内外装デザインに変更しました。




“ツーリングセレクション”にはブラックの幾何学調ルーフフィルムをオプション設定し、外板色との組み合わせをお楽しみいただけます。



また、専用通信機DCM*1を全車に標準搭載し、コネクティッドカーへと進化を遂げました。クルマが人や社会と通信でつながることで、24時間365日、カーライフを充実させる様々なサービスをご利用いただくことができます。そして、安全面では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備したほか、駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、注意を促すリヤクロストラフィックアラート*2を新たに設定するなど、安全・安心装備の拡充を図っています。
あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)においても、ベース車と同様の改良を施しています。