インフォメーション

1月20日⁽土⁾21⁽日⁾、新型ヴェルファイア店頭発表会!!

お待たせいたしました!!
1月20(土)・21(日)は、新型ヴェルファイアの店頭発表会です。


ネッツトヨタ香川では、以下の3店舗にて実際にご覧いただけます。
本店… Z”Gエディション” / ブラック
たかまつ空港店… V / ブラック
まるがめ土器店… Z”Gエディション” / ホワイトパールクリスタルシャイン

より高級感を演出したデザインだけでなく、
トヨタの次世代型安全性能を標準装備した新型ヴェルファイアを
ぜひお客様の目で実際にご確認ください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

試乗のご予約はこちらから


新型ヴェルファイアの次世代型安全性能

新型ヴェルファイアには、第2世代を迎えた予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備しました。

「プリクラッシュセーフティ」
単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、自転車の運転者や夜間の歩行者も検知可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。



「レーダークルーズコントロール(全車追従機能)」
ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。
先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。
高速道路の渋滞走行時など、停止・発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。


「レーントレーシングアシスト」
レーントレーシングアシストのスイッチをONにすると、車線から逸脱する可能性のあることを警告したり、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作支援を行います。
さらに高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロール(全車追従機能)の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作支援を行います。




「アダプティブハイビームシステム」
先行車や対向車のランプ・街路灯などを検出すると、自動でハイビームからロービームまたは遮光範囲可変ビームへ切替えることができる機能が新しく設定できるようになりました。



AQUA 特別仕様車 S"STYLE Black"

もっと安全に。もっと便利にスタイリッシュに。

Toyota Safety Sence C、スマートエントリー&スタートシステムを特別装備したSグレード登場。

「こんなアクア、待っていた。」



ボディカラーに映えるメッキ加飾、
ブラックコーディネートのインテリア、
話題のToyota Safety Sence Cも搭載。

あなたの車選び、その本命に躍り出る1台がここに。


→TOYOTA 特別仕様車 S"STYLE Black"のページへ


プリウス 誕生20周年記念 特別仕様車!

1997年に誕生し、『ハイブリッド車』という新ジャンルを牽引してきたプリウスの誕生20周年を記念して、特別仕様車Aプレミアム “ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”が登場!


PRIUS 20th Anniversary Limited


 上級グレード「Aプレミアム」をベースに、215/45R17のタイヤ&アルミホイールなど“ツーリングセレクション”の装備に加え、外板色には、特別設定色ツートーンボディカラーとして、ルーフ色アティチュードブラックマイカとボディ色ホワイトパールクリスタルシャインの組み合わせ、ボディ色エモーショナルレッド(オプション)の組み合わせの全2色の組み合わせを設定しました。

 エクステリアは、ブラックスパッタリング塗装を施したアルミホイールなど、随所にブラックを配色し、外板色とのコントラストを際立たせています。

 インテリアは、シート表皮に、ホワイトのプレミアムナッパ本革を採用。また、随所にブラック加飾を施し、フロントコンソールトレイにおいては、ピアノブラック加飾に艶と輝きを保つ自己治癒®7クリヤーを採用。さらに、アクセントに専用レッド加飾を施したサイドレジスターなどを採用し、上質な室内空間を演出しています。

 11.6インチのT-Connect SDナビゲーションシステムを特別装備したほか、オリジナル加飾を施した専用スマートキー、専用車検証入れ(プレミアムナッパ本革仕様)を設定。20周年記念ならではのプレミアム限定車です!


→TOYOTA PRIUSのページへ


「体験! 納得! よくわかる親子自動車教室」を開催!!

トヨタ自動車・堤工場で記念写真!


人と地球に優しい車づくりを目の当たりに!

多数のご応募をいただきました「体験! 納得! よくわかる親子自動車教室」が8月3日・4日に開催され、小学4年~6年生の児童と保護者の20組40人の皆さまにご参加いただきました。
3日はトヨタ産業技術記念館(名古屋市)、4日は豊田市にあるトヨタ会館とトヨタ自動車の堤工場を見学。
皆さん、製造工程の現場を目の当たりにする工場見学や、自動車の生産技術の進化のあゆみをなどを見て、触れて、楽しみながら、自動車産業の変遷や最新技術などについて理解を深めていただけたようです。