インフォメーション

【NEW】新型スープラを発売!

新型スープラを、5月17日より、発売しました!
なお、外板色“マットストームグレーメタリック*1”の「RZ」において、本年度生産分24台の商談申し込みを、5月17日(金)13:00から6月14日(金)までの約1ヶ月間Web限定*2で受け付けます*3。
商談順は、抽選の上、新型スープラが参戦する第47回ニュルブルクリンク24時間耐久レース決勝当日(6月22日~23日)に発表します。



新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となるグローバルモデルです。
2007年にドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースに初めて参戦してから現在まで、モータースポーツを通じて人とクルマを鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んできました。
これまでの取り組みでTOYOTA GAZOO Racingが蓄積してきた知見やノウハウを注ぎ、お客様に心から走りを楽しんでもらえるクルマ「GR Supra*4」として新たに誕生しました。

今回、新型スープラは、BMW社との包括提携*5による初の商品であり、マグナ・シュタイヤー社グラーツ工場(オーストリア)で生産しています。
海路にて運ばれた後、トヨタ自動車元町工場を経由し、日本中のお客様にお届けします。

5代目*6となる新型車は、2002年に生産終了してから17年ぶりの復活です。初代スープラ*6が1978年に誕生して以降、どの世代でも直列6気筒エンジンを積んだFR車であったことは共通しており、新型車でもこの2つを継承しました。加えて今回は、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現しました。

*1 別途オプション価格として320,000円(消費税込み)が必要

*2 https://toyotagazooracing.com/jp/form/supramattestormgraymetallic_agreement.html

*3 来年度生産分以降の販売方法は未定

*4 マーケティング活動における名称。国土交通省への届出名称は「スープラ(Supra)」

*5 2013年1月締結

*6 1978年初代発売。日本ではセリカXX(ダブルエックス)として登場。国内における初代スープラ(1986年発売)は、グローバルでは3代目にあたる



車両概要

1.ピュアスポーツカーとしての基本性能を追求した車両パッケージ

卓越したハンドリングや安定したコーナリング姿勢を実現するため、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3要素を最重要ファクターと捉え、ピュアスポーツカーとしての理想を追求
•ホイールベースは、2シーターに割り切ることで86よりも100mm短い2,470mmを実現
•ホイールベースとトレッドの比は1.55*1。他の量産スポーツカーと比較してもトップレベルの小さい数値を達成し、優れた回頭性に寄与
•重心高にも徹底的にこだわり、水平対向エンジンを搭載した86よりもさらに低い重心高を実現




2.スポーツカーとしてのパッケージ・レイアウトの特長を活かしたデザイン

<外形デザイン>
スポーツカーとしてのパッケージ・レイアウトが持つ特長を十分に活かす、TOYOTAスポーツのフラッグシップモデルにふさわしいスポーツスタイルを提案
•ショートホイールベースと大径タイヤにより、タイヤの存在を強調するサイドビューパッケージ
•2シーターらしいタイトなキャビンと、ワイドトレッドからなるスーパーワイドスタンス
•直6FRロングノーズ・ショートキャビンシルエット

理想的な位置に配置されたエンジンを内包するボディの凝縮感ある基本立体は、エアロダイナミクスの中でもリフト(揚力)の発生を抑えることに特化した形状に造形されており、フロント・リヤの空力バランス、重量バランス共に、スポーツカーとしての最適化を追求

空気抵抗低減に寄与するダブルバブルルーフ*3の採用や、ヘッドランプの位置を車両内側に寄せることでフェンダーのボリュームを豊かに見せ、凝縮したボディデザインとする手法など、2000GT、先代スープラ等からのTOYOTAスポーツヘリテージを継承




<室内デザイン>
ハイスピード時の見晴らし性や車両の姿勢変化のつかみやすさを考慮した、上下に薄く水平に軸の通ったインストルメントパネル基本形状

ドライバー正面に集中配置された、スポーツドライブに必要な視認・操作系のエレメント(メーター、ヘッドアップディスプレイ、パドルスイッチ、ステアリングスイッチなど)をタイトに包括しドアトリム、コンソールのニーパッドまで繋げる事でドライバーをコンパクトに包み込む新しいコクピット様式

タコメーター、シフトインジケーター等スポーツ走行時に必要な情報をセンターに集約し、小径ステアリング越しに自然にフォーカスできるメーターレイアウト(8.8インチ高精細カラーモニター採用)

腰部を中心に身体を保持するホールド性にこだわったハイバック構成のシート等、室内デザイナーの実体験に基づいたサーキット由来の理由ある、こだわりの形状

3.走りを支える技術と、世界の道で鍛えた運動性能


高次元の走りを実現する高剛性ボディ
•走りを最優先に、太くストレートに通した骨格に加え、アルミニウムと鉄を適材適所に用いた骨格構造や、異なる素材同士の接合強度を追求したことで、86の約2.5倍ものボディ剛性を実現。CFRP(炭素繊維強化プラスチック)キャビンを採用したLEXUS LFAをも上回っています

伝統を継承する直6ターボエンジンと、スポーティドライブを気軽に楽しむ直4ターボエンジン
•歴代スープラに採用されてきた直列6気筒エンジンの伝統を継承し、直6 3.0Lツインスクロールターボ*4エンジンを搭載。最大トルク500N・mを、エンジン回転数1,600rpmという低回転で発生し、アクセルペダルの操作に応じた思い通りの加速が味わえます
•直列4気筒エンジンは、チューニングの異なる2つの2.0Lツインスクロールターボエンジンを設定。最高出力190kW(258PS)というハイパフォーマンスを実現した、軽量な車体と相まって軽快なスポーツ走行を楽しめるエンジンと、145kW(197PS)を発揮する、街中から高速道路まで爽快なドライビングを気軽に味わえるエンジンを用意

精密な車両コントロールを可能にするサスペンション
•バネ下重量の低減、高い組み付け剛性、精微な車両コントロールを追求して、新設計されたサスペンションを搭載。フロントのサスペンションとサブフレームはアルミニウム製とすることで前後重量配分の適正化に寄与
•一部グレードにアダプティブバリアブルサスペンションシステムを設定*5。選択中の走行モードや路面状況に応じて4輪のショックアブソーバーの減衰力を連続的に最適に制御し、走りと乗り心地を高い次元で両立

旋回性能と安定性を高めるアクティブディファレンシャル*6
•VSC(車両安定性制御システム)と連携しながら、電子制御多板クラッチによって後輪左右間のロック率を0~100の範囲で連続的に最適制御、高いコーナリング速度と安定性、ニュートラルなステアリング特性を実現

世界の道で鍛えた運動性能
•お客様が実際に走る環境を重視し、開発中は一般道で徹底的に走り込みを実施。ニュルブルクリンクにおけるレーシングスピードでの走り込みはもちろん実施していますが、欧州のカントリーロードやアウトバーン、北欧の氷雪路、米国のハイウェイ、日本のワインディングロードなど、世界中のあらゆる道を走り、日常的な乗り方でもクルマを操る楽しさを感じていただけるようチューニング




4.先進の予防安全性能と、「安全・安心」「快適・便利」なコネクティッドサービス

先進の予防安全技術を全車に標準装備
•昼間の歩行者に加え自転車の運転者を検知し、衝突回避支援または被害低減を図る「プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)」
•隣車線の死角を走る車両を検知する「ブラインドスポットモニター」
•前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」
•車線を逸脱しそうな際にステアリング操作をアシストする「レーンディパーチャーアラート」

車載通信機DCMを全車標準搭載し、スープラ専用のコネクティッドサービス「Toyota Supra Connect」を提供
•専用のスマホアプリ*7などから車両の遠隔操作、確認ができる「リモートサービス」
•バッテリーの電圧低下を自動的にメールでお知らせする「バッテリーガード」
•運転中に端末に触れることなくiPhoneを操作することができるApple CarPlay®に対応




5.新たなクルマの楽しみ方を提案する「TOYOTA GAZOO Racing Recorder」


GAZOO Racingのテクノロジーをフィードバックした車両情報記録装置
•アクセル、ブレーキ、ステアリング、シフトポジションなどのドライバーの操作情報、車速、エンジン回転数、加速度などの各種センサーの値、および車両の位置と方位情報をSDカードへ記録するデータロガー
•SDカードへ記録した情報は専用アプリの「GAZOO Racing Data Viewer*9」で表示することが可能。最大2つの動画を表示でき、奨励するアクションカム(別売)*10の動画であれば、記録した情報と自動で時間同期し再生。また、Microsoft Bing Maps*11上に走行軌跡を表示・再生することも可能





【NEW】プリウスPHVを一部改良

プリウスPHVを一部改良し、5月9日に発売しました!



今回の一部改良では、乗車定員を従来型の4名から5名とし、ゆとりの車内空間を実現しました。



また、クルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み“V2H(ブイツーエイチ)*2”も備えました。
災害などの停電時でも、プリウスPHVを頼れる“蓄電池”として活用いただけます。



具体的には、急速充電インレットに、外部給電機能(V2H)*3をオプション設定し、V2H機器(別売)と接続することで、プリウスPHVの駆動用バッテリーに蓄えた電力を、家庭用電力として利用することができます。
あわせて、住宅の太陽光発電などで生じた余剰電力を、車両の駆動用バッテリーに蓄電することも可能としており、電力需要の平準化に効果が期待されます。
さらに、充電時間も普段の200V用充電ケーブルを使った場合と比べ、約1時間30分*4と大幅に短縮できます。




そのほかにも、安全・安心装備を拡充しました。

駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し注意喚起するリヤクロストラフィックアラート*5や、車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニター*6を新たに設定しました。



インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]*7の設定も拡大しています。




さらに、専用通信機DCM*8を全車に標準搭載し、遠隔で走行アドバイスや車両診断を受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」のような様々なコネクティッドサービスを、ご利用いただけます*9。

なお、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)においても、ベース車と同様の改良を施しています。


TOYOTAは、プリウスPHVを、人とクルマと自然が共生する社会を目指す「トヨタ環境チャレンジ2050*10」の基幹車種と位置付けており、今後もより多くのお客様に喜んでいただけるよう、日々お客様の声に耳を傾け、「もっといいクルマ」として、さらなる商品強化に取り組んでいきます。

*2 V2H : Vehicle to Home

*3 急速充電インレット(外部給電機能[V2H]付)から取り出したDC(直流)電力を住宅へ供給するには別売りの「V2H機器」が必要

*4 充電時間は使用するV2H機器の仕様によって異なる

*5 Sグレードを除く全車に標準装備

*6 Aプレミアム“ナビパッケージ”、A“ナビパッケージ”、S“ナビパッケージ”に標準装備

*7 Sグレードを除く全車に標準装備、Sグレードにオプション

*8 DCM : Data Communication Module

*9 T-Connect対応ナビ以外では利用できません

*10 クルマの環境負荷をゼロに近づけるとともに、地球・社会にプラスとなる取り組みを通じて、持続可能な社会の実現に貢献するためのチャレンジ



【NEW】新型RAV4を発売!

RAV4をフルモデルチェンジし、4月10日に発売しました。



 初代RAV4*1は1994年、フレーム付4WDがオフロードを走行するためのクルマと位置付けられていた時代に発売され、乗用車タイプのSUV(クロスオーバーSUV)という新たな市場を開拓しました。
このSUV市場は、現在でも数多くのモデルが投入され、ますます拡大傾向にあります。
そして今回、SUVらしい力強いデザインとオンロード・オフロード両方の走行性能を格段に向上させた新型RAV4を発売しました!


 新型RAV4の開発コンセプトは「Robust Accurate Vehicle With 4 Wheel Drive(SUVらしい力強さと使用性へのきめ細かな配慮を兼ね備えた4WD)」です。
デザインはSUVらしい力強さと洗練さを融合しており、クラストップレベルのラゲージスペースはあらゆるシーンで使用いただけます。
新4WDシステムにより優れた走行性能を実現したほか、使い勝手のよい小物入れやカップホルダーなど、乗員に対してきめ細かい配慮もしています。

 さらに、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備しており、「安全・安心」「快適・便利」をご提供するコネクティッドサービスもご利用いただけます。


 世界初となる新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は、走行状況に応じて、前後トルク配分に加え、後輪トルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」により、ドライバーの狙い通りのラインを安定した車両姿勢で駆け抜ける高い旋回性能を発揮します。





また、4WD走行が不要と判断した時には、後輪に動力を伝達させる駆動系を切り離す「ディスコネクト機構」の採用により、燃費向上を図っています。

*1
Recreational Active Vehicle 4 wheel driveの略。開発テーマは「アウトドアでも、アーバンシーンでも見て、乗って、楽しいクルマ」